1. トップページ>
  2. 三好を信じろ!~車は俺に任せろ~>
  3. 2013年10月

三好を信じろ!~車は俺に任せろ~

米債務上限上げ暫定案、上下両院で可決

2013/10/17

 

結局 可決してしまいました。
なんで ここまで 引っ張るのか?
どこの国でも ムダが多いものです。

結局 可決してしまいました。

 

なんで ここまで 引っ張るのか?

 

どこの国でも ムダが多いものです。

 

この記事にコメントする

台風接近!

2013/10/16

 

台風がきています。
皆さん 十分な警戒と注意をお願いいたします。
前回に来た2004年の台風の時に
僕は 子供達とディズニーランドに行き
風速25mの中 レインボーブリッジを渡りました。
最近はすぐに レインボーブリッジも
すぐに通行止めになりますが
当時は 通行止めにはなかなか ならなかったですね。

台風がきています。

 

皆さん 十分な警戒と注意をお願いいたします。

 

前回に来た2004年の台風の時に

 

僕は 子供達とディズニーランドに行き

 

風速25mの中 レインボーブリッジを渡りました。

 

最近はすぐに レインボーブリッジも

 

すぐに通行止めになりますが

 

当時は 通行止めにはなかなか ならなかったですね。

 

 

この記事にコメントする

自動運転! 各メーカー競争激化!

2013/10/11

 

先日 日産自動車が リーフの自動運転を発表して以来
各メーカーが 順次自動運転の技術を発表しています。
トヨタ自動車などは もっと 簡易なシステムですが
実用化まで もうすぐのところまで 近づいています。
ただ 日産のように 人工知能による 完全な自動運転は
まだまだ のようです。
今後 競争が激化して 自動運転の 技術が 進めば
事故が減るかもしれませんね。

先日 日産自動車が リーフの自動運転を発表して以来

 

各メーカーが 順次自動運転の技術を発表しています。

 

トヨタ自動車などは もっと 簡易なシステムですが

 

実用化まで もうすぐのところまで 近づいています。

 

ただ 日産のように 人工知能による 完全な自動運転は

 

まだまだ のようです。

 

今後 競争が激化して 自動運転の 技術が 進めば

 

事故が減るかもしれませんね。

 

この記事にコメントする

日経ナナメ読み!! スバルHVにトヨタのHV技術が。

2013/10/08

 

トヨタのHV技術は 誰もが認める 最先端技術。
スバルも自社で HVを開発してきたが 限界を感じて
遂に トヨタのシステムを使うことになったようだ。
今後厳しくなる 世界の燃費基準。
それには どうしても トヨタのHV技術が必要だということは
少し悲しい。
今まで スバルも独自に 開発してきたが
それが打ち切られるということで。
それは 競争が一つなくなるということになる。
開発にはとても 費用がかかり、効率化の今
それを 独自で 突き進むことは 難しいのかもしれない。

トヨタのHV技術は 誰もが認める 最先端技術。

 

スバルも自社で HVを開発してきたが 限界を感じて

 

遂に トヨタのシステムを使うことになったようだ。

 

今後厳しくなる 世界の燃費基準。

 

それには どうしても トヨタのHV技術が必要だということは

 

少し悲しい。

 

今まで スバルも独自に 開発してきたが

 

それが打ち切られるということで。

 

それは 競争が一つなくなるということになる。

 

開発にはとても 費用がかかり、効率化の今

 

それを 独自で 突き進むことは 難しいのかもしれない。

 

この記事にコメントする

自動運転車 日産リーフ!

2013/10/05

昨日 CEATEC ジャパンに行ってきました。

日産リーフの自動走行のデモを見てきました。

まだまだ 課題は 多いのだと思いますが

今後の可能性を見てきました。

通勤途中に本が読める。

これは 面白いですね。

自動走行のデモを見て思ったのですが

運転席に人が乗って

ナビゲーターの人が

「ハンドル操作は 全くしていません。」

と仕切りに言っていましたが

それなら いっそのこと 運転席に乗るのではなく

後部座席に 座ってもらった方がいいのでは??

クローズドの空間の中で 安全性を確保されているので

後ろの席に キルスイッチでも 付けて 緊急停止ができるようにだけすれば

これは 相当に面白かったのでは??

「 運転はコンピューターに任せ 後ろでゆっくりくつろげます 」

という方が 未来を感じ安かったように思います。

そう思ったのは 僕だけでしょうか?

自動運転の将来性。

それは 運転席に座らなくてもよくなる。

座る必要がなくなる。

そういう未来が 皆が びっくりする ことじゃないでしょうか?

そうすれば 免許証の交付も変わったりするかもしれません。

車の興味も 変わるかもしれません。



A.M.D 三好 貴仁のブログ 東京、愛媛の中古車
A.M.D 三好 貴仁のブログ 東京、愛媛の中古車
A.M.D 三好 貴仁のブログ 東京、愛媛の中古車

 

 

この記事にコメントする

日経ナナメ読み!! 軽自動車の自動車税が上がる??

2013/10/04

自動車の保有税について 総務省が 環境に対する課税をするように 検討に入ったようだ。




いつも 言っておりますが




軽自動車の税金は安すぎる。




今 新車登録台数のうち 40%以上が軽自動車になってきている現状を




いち早く 脱しないと日本の自動車産業の未来は暗い。




それは 軽自動車のカテゴリーが日本にしか存在しないからだ。




普通車を 普及させ どんどんと 買い替えが可能な 状況を作らないと




日本メーカーも 海外に目を向けてしまう。




世界第3位の自動車のマーケットを持つ 日本だからこそ




早い段階で 考えないと 世界から取り残されてしまうことになると思います。




軽自動車は 確かに安い。 しかし




それは はたして 意味があるだろうか?




まだまだ 時間はかかると思いますが




2015年には なんらかの決断が なされると思いますので




それを 見守りましょう。




軽自動車の 税金を 登録自動車並みにすることができれば




自動車業界が 大きく 変わります。




代替えも かなり 進むことになるでしょう。




みなさん 軽自動車よりも 普通車の方がいいことは しっているのですから。




当社でも 軽自動車は 皆様の 代車として 大活躍しております。




それは 当然維持費が 安いからです。




以前 当社の サービスカー(代車)はすべて




登録自動車(普通車)でした。




これのほとんどを 軽自動車に 変更しました。




このおかげで 年間のランニングコストが




100万円以上下がりました。




それくらい 魅力ある 車に軽自動車がなっています。




軽自動車の税金が上がることは 僕らにとっても




大変お金のかかることですが




日本の未来を考えた時には 必要じゃないかと




最近 思っています。




日本は自動車産業で 発展した国なので




是非 今後の自動車産業も 盛り上がっていくことを 願っています。

この記事にコメントする

直列6気筒ターボは面白い!!

2013/10/03

 

今は日本車には なくなった 直列6気筒のターボですが
これはとても気持ちがいい。
今の車に比べると乗っていて 速さは あまり ありませんが
独特の吹け上がりでは V型なんかに比べると 圧倒的に
気持ちがいいですね。
最近 直6の車を納車する機会が 何度か ありまして
それを 再認識してしまいました。
特に日産の直6は気持ちいい!!

今は日本車には なくなった 直列6気筒のターボですが

 

これはとても気持ちがいい。

 

今の車に比べると乗っていて 速さは あまり ありませんが

 

独特の吹け上がりでは V型なんかに比べると 圧倒的に

 

気持ちがいいですね。

 

最近 直6の車を納車する機会が 何度か ありまして

 

それを 再認識してしまいました。

 

特に日産の直6は気持ちいい!!

 

この記事にコメントする

安さと、目利きに自信があります!

スピード命!待たせません!車のことならなんでもおまかせ下さい。